病院でのプラセンタ治療について

病院で受けられるプラセンタ治療とは?

今ではかなり定着した「プラセンタ」という成分。
ドラッグストアなどに行くと、さまざまな商品が置かれているのが目に入りますね。
サプリメントだけでなく、ドリンクや化粧水、美容液など、さまざまなアイテムが見られます。

 

美肌や更年期障害など、女性の悩みに効果が期待できるということで、あらゆる年代の女性に人気がある成分です。

 

しかし、名前だけではいまいちどんな成分なのかわかりませんね。
ドラッグストアで売られていたプラセンタサプリという名前を見たことだけしかない、という方も、結構いらっしゃるのではないでしょうか。
このプラセンタ、病院で治療にも使われているということはご存じでしたでしょうか?
注射などで体に投与し、その改善効果を求める治療です。

 

治療というからには、もちろん美肌などの理由だけではなく、さまざまな体の不調に対して挑んでいくものです。
更年期障害や肝機能に関する障害など、さまざまな症状にプラセンタが有効だそうです。
お医者さまに認定されれば、保険適用されるケースもあるほど、プラセンタの効果は医学界で認められています。

 

ここでは、そういったプラセンタを利用した治療について、記していきたいと思います。

 

このサイトをきっかけに、プラセンタへの理解が深まれば幸いです。

 

プラセンタ治療は何に効くの?

上にも書きましたが、代表例として更年期障害や肝機能不全などが挙げられます。
プラセンタには女性ホルモンを分泌させる働きがあるので、女性ホルモンに関する不調であれば割と汎用的に使えるというウワサです。
また、活性酸素を除去する働きもありますので、老化防止にも役立つとも言われています。
プラセンタにはいろいろな効果が期待できそうですね。

プラセンタ治療の主な効果 を詳しく見る

 

注射の種類によって違いはあるの?

プラセンタ注射には、さまざまな種類があります。
その中で代表的なものといえば、皮下注射と静脈注射です。
体内に入れる内容物(プラセンタ)は同じ物なのですが、どこに打つのかによって少しずつ効果が表れる時間などに影響があります。
では、どちらの注射がどのように効果が表れるのでしょうか?見ていきましょう。

皮下注射と静脈注射の違い を詳しく見る